• 霊園・お墓全般について
  • 杜の郷霊園について
  • 費用・価格について
杜の郷霊園について

杜の郷霊園の特徴はなんですか?

杜の郷霊園は、主に以下のような特徴から、お客さまにご好評をいただいております。

  • 地域最大規模の大型霊園であること
  • 休憩所、法事室、会食室が完備されていること
  • 無料送迎バスがあり、お参りが楽であること
  • 宗教自由でご遺骨のない場合も購入可能であること
  • 見晴しのよい高台にあること
  • お求めやすい価格・管理費であること
  • 区画面積を様々に選べること
  • 法事・会食などの手配が簡単にできること
  • 霊園全体がバリアフリー設計であること
  • 大型霊園のため管理も安心して任せられること

また、杜の郷霊園では、霊園スタッフの多くが石材業界の全国組織、日本石材協会の『お墓ディレクター』資格認定を受けた専門家です。お墓の建て方、墓石の建立や墓地の購入に関することだけでなく、東京、千葉などの首都圏でのご法要の習慣やしきたり、お墓を購入した後の各種お手続まで、しっかりお手伝い致します。

故郷のお墓はそのまま残しておきたいのですが

故郷に先祖代々のお墓があり、遠方でなかなかお参りが出来ないお客さまは、杜の郷霊園にご先祖様の分骨またはお墓の土をお持ちいただくことで、郷里と同じくご供養していただけます。

郷里のお墓の一部をお持ちになることにより、ご先祖様とのつながりはそのまま、近い場所でより親しくお参りいただけることになります。

私も夫も一人っ子で両家のお墓を一緒にしたいのですが、両家のお墓として購入できますか?

もちろんできます。お墓の(名義人様はお一人になります)正面に先祖代々などと刻み、両家様の名前を墓石のふさわしい部分に入れることになります。このようなかたちでお墓を購入される方も非常に多くなっておりますので、お気軽にご相談下さい。

駐車場はありますか?

はい。杜の郷霊園には、お盆やお彼岸などの時期にもゆとりを持ってお参りいただけるよう、200台以上駐車できる、大規模な無料の大型駐車場をご用意しています。

いつ行ってもお参りできますか?

霊園は午前9:00より午後5:00まで開園しております。(水曜日、年末年始、点検日などは休園させていただいております)

法事や法要後の会食はできますか?

霊園管理棟内の法事室にて、お経を上げ、墓前にて法要、ご納骨。和室・洋室を揃えた会食室でのお食事など。法要・お参りのすべての段取りを当霊園で行うことができます。

ご親戚様や会社の皆様に、移動の手間をかけず集合から解散までできることが決め手で、当霊園を選ばれるお客さまも大勢いらっしゃいます。

ただし、ご法要の日程や会食の人数、その他の内容は霊園の管理事務所まで事前にご相談ください。

菩提寺がある場合はどうなりますか?

問題なくお墓をご購入いただけます。また、ご法要の際には菩提寺の僧侶をお呼びいただきましても結構ですし、当霊園の管理事務所にて僧侶のご紹介も承ります。

※菩提寺とは、ご先祖さまのお墓があるお寺のことをいいます。

お参りの時、お花やお線香は置いてありますか?

はい。お参りに来ていただくお方に、できるだけ気軽に足をお運びいただけるよう、霊園の大管理棟入口にある、管理事務所にて常時販売しております。

数珠・お仏具など、その他の品々につきましても、事前にお気軽にお問い合せ下さい。

遺骨は何体まで入れられますか?

お墓内部のカロート(納骨室)の大きさによって異なりますが、およそ6霊から12霊をお納めすることができます(構造により違いがございます)。

地方や風習によって、骨壷で納骨される場合と直接納骨室に遺骨をまかれる場合があり、実際にはお納めする方法によっても異なって参ります。

地震でも心配ないですか?

杜の郷霊園のお墓の基礎部分は、すべて連結型の鉄筋コンクリートでできており、通常のお墓に比べて安定性のあるしっかりとしたつくりになっています。

またお墓はすべて、デザインに関わらず耐震設計を基本設計として施しています。

墓石のデザインは選べますか?

杜の郷霊園では、ご希望のデザインのお墓をお客様と一緒に実現いたします。

一般的な和型の「基本型」、「神式(神道墓)」、「五輪塔」、「無縫塔」のほか、洋型のお墓や、形式や固定観念に捕らわれない現代風で個性的なデザイン墓石まで、お客様のイメージ、ご要望、お好みに最も沿ったデザインの墓石をご提案させて頂きます。(高さなど、霊園の基準がございますので担当者までご相談ください)

墓石には好きな言葉など刻んでも良いですか?

最近は個性的な文字を彫刻される方が増えてきております。

杜の郷霊園のお墓には、戒名の他に、お参りに来て下さる方々へのメッセージや、心に残っている言葉、また座右の銘などを刻んでいただけます。例えば「和」「愛」「お参りありがとう」「今日はありがとう」「みんな仲良く」のような、心温まるひとことを刻むお客様も多くいらっしゃいます。

生前にもお墓は建てられますか?

はい。生前に建てるお墓を「寿陵」(生前墓)といいます。

「寿陵」の寿の字が示すように「家に幸せをもたらし、長寿が約束される」といわれ、大変おめでたいお墓の建て方とされています。思い立ったときこそが、お墓を準備する最良の時期といえます。

最近では生前にお墓を建てられる寿陵の方が、全体の70%を占めるようになったと言われています。元気なうちに自分の「寿陵墓」を建てることも選択肢の一つではないでしょうか。

杜の郷霊園でも、寿陵に関するご希望やご相談を数多く承っています。お墓専門のスタッフがしっかりご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

交通手段は車のほかにもありますか?

杜の郷霊園は、東京、千葉など首都圏から、お車でも電車でも気軽にお越し頂ける都市型霊園です。

電車でのご来園は、北総線小室駅と東葉高速線八千代緑ヶ丘駅の2駅から無料の送迎バスが運行されていますので、お参りの足のご不便がございません(発着時刻など詳しくは、お電話フリーダイヤル0120-222-714にてお気軽にお尋ねください)。

また、都市近郊でありながら周囲に隣接する豊かな自然環境も大きな魅力となっています。

家族に車椅子使用者がいるのですが

杜の郷霊園で現在ご用意している区画は、すべて平坦に整備してありますので、 足の不自由なお客さまでもご心配いりません。 また、ご休憩や法事、 会食にご利用いただく管理棟には、バリアフリートイレを設置しております。

それぞれのお墓に通じる参道は、すべて完全舗装されていますので、車椅子での通行も可能ですし、 雨の日のお参りでも、 泥はねなどで、衣服や靴が汚れる心配もございません。当霊園はお参りされるすべての方に やさしい霊園として設計しております。

霊園には貸出し用車椅子なども常備致しておりますので、お気軽にお申し出下さい。

 


千葉 霊園 杜の郷霊園 お墓にまつわるコラム

遺言書で自分の意志を伝えること

財産を誰にどのように残すかは、遺言書に書いておくのが最善の方法です。
遺言書の効用は、残される遺族の方々が相続をスムーズに行いトラブルが起きないようにするだけではありません。 例えば、身寄りのないお方がお世話になった方に遺贈したり、内縁の相手に財産を残したりということには、遺言書が必要になります。
【例:遺言書を作っておきたいお方】
・子どものいないご夫婦:お互い相手に持ち家等の全財産を残したい。
・子どもの数が多いご夫婦:人数が多いとトラブルも多くなります。
・相続人の多い方:遺言書がない場合、相続には相続人全員の合意が必要になります。
・内縁の相手(事実婚の相手)がいる方:婚姻届を出していなければ法的には相続権はありません。
・身寄りのない方:相続人がいない場合、財産は国庫に入ってしまいます。
・離婚や再婚をした方:離婚が未成立の場合、配偶者にも相続権があります。また、再婚相手の連れ子は養子縁組をしなければ相続権がありません。
・ペットを遺すことが気になる方:死後のペットの世話を条件にして、財産を遺贈することもできます。
・家業を持っている方:家業を継がせるために特定の人に財産を相続させたい場合。
・相続権のない人に財産を残したい方:生前にお世話になった人などへのお礼で財産を残すことができます。

遺言書の書き方とルール

遺言書は大きく次の3種類に分けられます。いずれの場合でも日本全国にある公証役場に行くと、丁寧に作成のサポートをしてもらえます。
「公証役場」は公正証書の作成、私文書の認証、確定日付の付与等を行う、法務局が所管する公的機関です。
(1)自筆証書遺言書
遺言書の中で、一番手軽に作成できるのが「自筆証書遺言書」です。他の遺言書のように、作成するときに証人が必要ありません。 作成方法は、自筆で市販の便せんに、ボールペンや万年筆で遺言の全文と氏名、日付を書き、署名、捺印をするだけです。 ただし、他人の代筆やワープロ、録音などは無効です。必ず全文が本人の自筆であることが条件です。 また、遺言書の書き方で法的に不備が生じることもあります。出来上がったら公証役場などに赴き不備がないか確認してもらうのがよいでしょう。
(2)秘密証書遺言書
亡くなるまでは、他人に知られたくない事柄を遺言する場合の遺言書です。公証役場で証人2人と同席して、作成することになります。そのときも遺言の内容は、公証人にも証人にも知られることはありません。詳しくは公証役場にお尋ねください。
(3)公正証書遺言書
法的な強制力があり、信用力があるのが公正証書遺言書です。遺言者と公証人と証人2人が遺言の内容を確認しながら、作成します。また、遺言書の原本が公証役場に保管されるため、偽造や紛失の心配もなくなります。