霊園全景

千葉県八千代の
四季折々の景色に
包まれる
メモリアルパークです

※写真は当霊園から、隣接する八千代市営霊園を見下ろすグランドビュー

聖地に相応しい
見晴しのよい高台

昔から、見晴らしのよい高台は選ばれた土地として重んじられてきた場所。そこには、爽やかな風とあふれる陽光、そして美しい眺望が広がり、特別な場所として尊ばれてきた、まさに揺るぎない価値のひとつです。


恵まれた眺望もまた、
霊園選びの基本のひとつ

杜の郷霊園が誕生するのもまた、緩やかな自然の傾斜が造形する高台。霊園の傍らには静かに寄り添う鎮守の森があり、残る三方位からの開放感に満ちた眺望が、四季折々の美しい景色で霊園を包む、恵まれた環境にあります。


動画でみる 杜の郷霊園

管理棟2階からの風景

管理棟の2階から見渡した風景です。高台に吹く涼風が気持ちの良い、爽やかな空気に満ちています。

自然の花々と植栽が織りなす、千葉最高クラスの公園墓地

自然の花々

環境との調和に配慮した美しい霊園

開かれた自然の中にある「杜の郷」は、園内の植栽の果たす役割が大切なものとなるのはもちろん、周囲の自然との調和が欠かせません。

春に咲くさくら、こぶしやつつじなど、この地の自然が生み出す美しい景観にあわせ、多彩な植栽計画を元に実施。霊園の豊かな表情を一段と潤い豊かなものにします。

千葉 霊園 杜の郷霊園

お墓まつわるコラム

多様化する埋葬のかたち

現在、少子高齢化やお墓の継承者の不在などが増加し、それに合わせて埋葬に対する意識も少しづつ変わりつつあります。

樹木葬、納骨堂、合祀墓など、埋葬法の多様化が進み、さらに、自然葬(散骨)、永代供養などへの認識が一般化するにつれて、亡くなられた方に対しての祭祀のあり方、先祖供養に対する意識や墓地の確保に関しても、多様化する時代になりました。

その中で、お求めになる方々が増えつつある埋葬法について簡単にご紹介します。それぞれの埋葬法の詳しいご紹介は、別のコラムをご用意していますので、ぜひご覧ください。

永代供養墓

お墓の承継者がいなくても、管理する霊園やお寺が永代にわたり供養するお墓の総称を永代供養墓と言います。

生前に申し込むのが一般的である。従来のお墓のように墓石を建てるもののほか、納骨堂に納められるタイプの墓地、ロッカー式墓地など、様々な形態があります。

納骨堂

納骨堂は、遺骨を保管しておく建物・屋内施設のことで、霊堂や納骨室などとも呼ばれます。多くが、霊園や寺院の墓地に建てられています。

一般的な納骨堂の中は、遺骨を入れた骨壺を保管しておく納骨壇が置かれています。上段に位牌を安置する祭壇(仏壇)がついているものなどもあります。

樹木葬

大きな記念樹の周りに遺骨を埋葬する、新しい形態の葬法です。「亡くなったあとは自然に還りたい」という要望の増加から、樹木葬を選ばれる方々が年々増えてきています。

また、宗教・宗派を問わずに、あるいは継承者がいなくても申込みができるところが多いことも、人気の高まりの大きな理由となっています。

共同墓

継承者を必要としない墓の一つとして、地縁・血縁を超えた人々と共に入るタイプのお墓で、多くが、NPO法人などの会・団体が運営しています。合葬墓とも呼ばれます。

申し込みをした方々が集まり、会合やサークル活動など積極的に縁作りをすることも特長です。

散骨・自然葬

散骨とは、細かく砕いた遺骨を海や山に撒く葬法で、自然葬とも呼ばれます。

以前は「遺骨を撒くことはいけないこと」という社会通念がありましたが、海洋葬を中心に散骨の認知度は高まり、葬送の選択肢の一つとしてとらえられるようになりつつあります。

お墓を建てることとは

お墓を建てるということは、お墓と買うということでもあります。また厳密には、お墓を建てる土地を使用する権利を購入するということであり、それを永代使用権とよび、料金を「永代使用料」と呼びます。

永代使用権は、墓地を永代にわたって使用する権利のことで、住宅のように売買をするものではなく、墓地を永代にわたって使用する権利のことをいいます。基本的にはお墓の継承者がいる限り続く「永代使用権」ですが、「期限付き使用権」として販売する霊園もあるため事前に確認が必要です。

【例:墓地使用規則項目】

・使用目的  ・使用資格  ・工事の承認、石材店の指定  ・墓地内の設備制限事項 ・埋葬および改葬の手続き ・埋葬者の制限  その他

お墓にまつわるコラム 目次

MENU