樹木葬(庭園樹木葬)とは

「人生の最後は、自然にかえりたい」
その思いをかなえる
新しい葬送のかたちです。

近年、さまざまな埋蔵・供養方法を選べる時代となりました。中でも、「人生の最後は、自然にかえりたい」という思いを実現する樹木葬は、多くの関心を集める葬送法となっています。

千葉霊園 杜の郷霊園の樹木葬は、宗教・宗旨を問わない、どなたでもお求めいただける様式の樹木葬です。故人様はもちろんのこと、お元気なうちに将来のためにご契約なさる方も大変多くおられます。


杜の郷霊園の
樹木葬(庭園葬)では

1
お参りやご供養(法要)はどうすればいいの?

骨壺のまま埋蔵する一霊位様用と、精霊袋にお入れして埋蔵する二霊位様用の、2種類の埋蔵方法をお選び頂けます。

2
二霊位様まで埋蔵が可能です

一つのご契約につき、『二霊位様(二名様)』まで埋蔵が可能なスペースをご用意しております。

もちろんお一人様でも大丈夫でございますが、ご夫婦、親子やご兄弟、ご友人同士など、お二人様でもご利用頂けます。

3
設備や管理

霊園内は、常駐する専門管理スタッフにより、定期的な植樹剪定、芝刈り、植物の養育など、年間を通じて細やかに管理・維持されています。

また、お参りの際には、大管理棟1階の待合ロビーなどの霊園施設を自由にご利用頂けます。(会食室などの一部の施設は、事前のご予約が必要な場合がございます)


千葉 霊園 杜の郷霊園

お墓まつわるコラム

兄弟姉妹で建てたお墓の名義はどうするのが良い

兄弟でお金を出し合ってお墓を建てる場合、墓石に例えば「山川 太郎・次郎 建立」などと、共同で建てたことを明記することが可能です。

しかし、継承者は原則としてひとりになります。お墓の権利書の名義人はひとりで、連名にすることはできません。継承者はお墓に対する義務や権限を持ちますので、お墓に入れる人を決める権利を持つことになります。

このように兄弟でお墓を建てる場合は、継承者を決める時点で、誰がお墓に入る権利があるかなどの約束事を文書にして残しておくことが重要です。公正証書にしておくと、兄弟共に安心なのではないでしょうか。

地震や自然災害で壊れたお墓の修理・修繕はどうなるの

大地震等の揺れで墓石が倒れるなどの被害にあった場合、お墓の損壊は家等と同じように、お墓の持主が各自で有償で補修するしかありません。

霊園の場合は、お墓を建てる際に交わす契約の文書に明記されていることがほとんどですが、「天災で壊れた場合のお墓の修繕は有償」というものが一般的です。

そのため、耐震性の高いお墓を作ることが大切で、基礎工事のしっかりした耐震工法を取り入れた石材店を選ぶことが重要になります。

お墓にまつわるコラム 目次

MENU