お墓の段取

お墓の段取

お墓を建てる、段取と流れ

6つのポイント

1
お墓のイメージのおうかがい

経験豊富な営業担当者が、ご要望をきめ細かくお伺いいたします。思いやこだわり、お墓のイメージを自由にお話しください。お気に入りのお写真などがあれば便利です。

2
墓石のデザインと設計

墓石設計担当者が、CADシステムを用いて墓石のデザイン・設計を提案いたします。ご納得のいく墓石が出来上がるまでデザイン・設計の検討を行わせていただきます。

3
墓石仕様の打ち合わせ

付属のお品や各部(石種・彫刻等)についてお打ち合わせします。ここで再度、墓石全体のバランスやイメージは問題ないか、担当者がきめ細かく検討させていただきます。

4
詳細な設計図の作成

墓石の概要が決定すると、実際の設計図を作成いたします。この段階で、素材の強度・加工の可否・彫刻の有無を考慮して、各部材の厚みや加工方法などを決定いたします。

5
彫刻内容の決定

文字や絵など、墓石に行う彫刻の内容を、具体的にお打ち合わせします。立体彫刻やレーザー彫刻など彫刻の技術による仕上りの違いも考慮し、お客様のご要望をおうかがいいたします。

6
熟練の職人による建立

最終の完成イメージ図を確認していただき、納得いただいたうえで建立にかかります。伝統的な工法に、耐震などの先端技法を取り入れた、末永く信頼できる建立工事を執り行います。

千葉 霊園 杜の郷霊園

お墓まつわるコラム

故人は散骨を希望していて、家族はお墓が欲しいときには

故人が散骨を希望していたとしても、残された方々がいつまでも近くにいてほしい、合いに行く場所がほしいという気持ちは、ごく自然なものです。

このような場合は、分骨をして、一部はお墓、一部は散骨という方法が考えられます。

遺言として散骨を希望されていた場合でも、法的効力がある事項ではないため、遺族の気持ちを重視してお墓を建てても問題はありません。

ちなみに遺言として法的効力があるのは、

  1. 相続財産についての事項
  2. 身分に関する事項
  3. その他、祭祀の主催者や遺言執行人の指定

の3つに関わるものとなります。

また散骨とは、ご遺骨を細かく粉砕した上で自然の中に撒くことをいいます。

例えば、山の場合は、土地の所有者の承諾を得る必要があり、勝手に散骨してはいけません。また、海の場合も細かな条件があります。詳しくは葬儀社などに相談してみましょう。

お墓の権利は知人や友人に譲渡できるのでしょうか

一般的には、お墓の権利は譲ったり譲られたりということはできません。

お墓の権利は、墓地を所有する権利ではなく墓地を使用する権利で、勝手に売買することが許可されていないためです。民間霊園、公営霊園では、墓地の使用規則で「譲渡の禁止」を定めていることがほとんどです。

お墓の権利を誰かに譲りたい場合は、遺言等でその方を祭祀継承者と定めておくと、ご本人の死後にお墓を継承してもらうことができます。

お墓にまつわるコラム 目次

MENU