ご案内中の墓地区画

ご案内中の墓地区画

悠久に広がる公園墓地。
やすらぎの空間を大切にした聖地です。




一番最初だから、最高の場所「通常区画」

杜の郷の主要区画です。区画面積は、1.5m²、2.55m²、3m²の3種類があります。お墓は「和型」、「洋型」、「デザイン墓」など自由に創ることができます。

西欧スタイルが人気の「芝生区画」

緑の芝生が敷き詰められ、西欧風にアレンジされた区画です。重厚感があり、また隣の墓石との空間も空いているため、解放感があると大変好評をいただいています。

美しい象徴樹の下に眠る、自然が寄り添う「庭園樹木葬」

「お墓の後継ぎ、管理の心配がいらない」、「人生の最後は、自然にかえりたい」などのご希望から、選ばれる方が増えています。十八本のしだれ梅が切り立つ美しい区画。もちろん宗教・宗派不問、年間管理費も不要です。

何よりも安心が喜ばれる「女性専用区画」

日本初の、お墓にお入りになる方を女性に限らせて頂いた区画です。洗練された特別な洋風墓地をご提供しています。

癒しと浄化、守護の貴石を「パワーストーン区画」

安らぎと癒しの効用を秘めた貴石、パワーストーンを敷きつめた特別な区画です。瑪瑙とアメジストの貴石が使用されています。

動画でみる 杜の郷霊園

杜の郷霊園 管理棟ロビー

管理棟の待ち合いロビーの風景です。ご休憩や待ち合わせなどに、お気軽にご利用いただけます。

便利さと美しさが
細部まで宿っています

中央広場

気軽にご休憩いただける中央広場

特別舗装

水はけがよく段差のないインターロッキング舗装

水汲み場

杓子、桶などが備え付けられた水汲み場

U字溝

歩道の段差を少なくしたU字溝

モニュメント

永遠の安らぎを願うモニュメント

季節の花々

それぞれの季節を彩る梨、つつじなどの花々

千葉 霊園 杜の郷霊園

お墓まつわるコラム

埋葬のかたち - 共同墓

継承者を必要としない墓の一つとして、地縁・血縁を超えた人々と共に入る「共同墓」があります。

東京・もやいの会の「もやいの碑」などが代表例と言えるでしょう。

"もやい"には、船と船をつなぎ合わせる、寄り合って共同でことに当たるという意味があります。人々が、性、門地、財産、職業、人種、民族を越えて、有縁になろうという活動をされていて、月例会の開催、ニューズレターの発行やサークル活動等を通じた交流により、仲間意識や共同体意識が育まれています。

このほか、新潟・妙光寺の「安穏廟」、京都・常寂光寺・女の碑の会の納骨堂「志縁廟」、東京・東長寺・縁の会の「水の苑」などもあり、いずれも、生前から「死後の住みかを共にする仲間」作りを進め、家族に代わって墓を守り供養していく会員制の組織です。

共同墓の場合、男性よりも女性の入会者が多いことが一般的です。

埋葬のかたち - 散骨・自然葬

散骨とは、細かく砕いた遺骨を海や山に撒く葬法で、自然葬とも呼ばれます。

鄧小平、マリア・カラス、ジャック・マイヨールなどが、散骨された人物として知られています。

日本では、1991年に「葬送の自由をすすめる会」が、神奈川県三浦半島沖の相模灘において散骨を行ったことから、散骨が社会的に関心を集めることになりました。

従来は「遺骨を撒くことはいけないこと」という社会通念がありましたが、徐々に散骨の認知度は高まり、葬送の選択肢の一つとしてとらえられるようになってきています。

現在はインターネットで検索すれば簡単に散骨業者を見つけることができ、海外への散骨ツアーも実施されています。

2008年には、島根県・隠岐諸島にある無人島が散骨所として整備され話題になりました。

また、現在の墓地埋葬法は、散骨が行われることを想定していないことから、散骨を明示的に禁止してはいません。散骨が刑法の「遺骨遺棄罪」に該当するか否かについても、法務省が非公式ながら、散骨が節度をもって行われる限り違法性はないという主旨の見解を示しています。

お墓にまつわるコラム 目次

MENU