資料請求からの
お手続きの流れ

樹木葬についての、詳しい資料をご用意しております。

ご興味、ご関心をお持ちのお客様は、まずはこちらから資料をご請求頂くか、フリーダイヤル(詳しくは画面下部)まで、お気軽にご相談ください。

当霊園までお越しいただくことが困難なご事情のお客様を対象に、首都圏限定で、ご遺骨のお迎えも行っております。 まずはお気軽にお問い合わせください。


お手続きの流れ

1
資料請求(お問い合わせ)をします

インターネットとお電話での資料請求を承っております。千葉霊園 杜の郷霊園の樹木葬は生前からお求めいただけます。

2
現地見学をして、詳細を確認します

杜の郷霊園にお越しいただき、園内の環境や施設などをご覧頂きます。 樹木葬は区画に限りがあります。ぜひお早めに見学にいらしてください。

3
書類を整え、契約・購入する

市町村役場にて必要書類をお取り寄せいただき、霊園にて正式契約となります。

お手続に関することは霊園スタッフが丁寧にサポートさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

4
納骨

ご遺骨をお預けいただいてから、およそ二週間の期間で埋蔵を執り行います。その際に必要となる、ご埋葬料および精霊袋代をお納めいただきます。

5
個別法要(ご希望の方はご予約ください)

回忌法要などをご希望の場合は、事前のご予約にて承っております。お気軽に霊園スタッフまでご相談ください。

宗教・宗旨を問わず執り行うことができます。


当霊園までお越しいただくことが
困難な方のための
首都圏限定
ご遺骨のお迎えサービス




東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の1都3県限定で、霊園スタッフがご遺骨をお迎えにお伺いするサービスを実施しています。様々なご事情で当霊園までお越しいただくことが困難なお客様におすすめしております。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

千葉 霊園 杜の郷霊園

お墓まつわるコラム

お墓はいつ建てるのが良い

お墓はいつ建てても良いものです。

生前にお墓を建てる場合は、「寿陵(じゅりょう)」と呼ばれ、昔から縁起の良いこととされています。近年都市部では、残された家族に迷惑をかけたくないという思いから生前にお墓を建てる方が半分以上とも言われています。

また、ご遺骨をお持ちの場合も、お墓を建てて納骨をする期限は特に定められていませんので、気持ちの整理がついてからでも大丈夫です。

ご遺骨が自宅に戻り、四十九日法要を終えた後に、お墓のことを考え始める方が多いようです。

開眼法要・開眼供養のながれ

お墓を建てた後、僧侶の手によって墓または仏壇に魂を入れてもらうことを「開眼法要」もしくは「開眼供養」といいます。新しくお墓を購入した際は必ずこの供養を行うものです。

【納骨法要の流れ(代表的な段取)】

  1. 予め、花、燭台、ろうそく、香炉、抹香などの仏具を用意します。詳しくは霊園関係者等に相談しておきます。
  2. 一同で墓地に会して、お墓の前で納骨式を行います。
  3. 納骨式ではまず業者などに墓の石蓋を開けてもらい、立ち会い人が骨壷を納骨室に納めます。
  4. 石蓋を閉じ、卒塔婆がある場合は墓石の後ろに建て、墓前に花や線香、ろうそくを供えます。
  5. 僧侶が読経を行います。
  6. 参列者全員で順番に焼香して故人の冥福をお祈りします。

※遺族の希望や宗派によって大きく異なる場合もあります。

お墓にまつわるコラム 目次

MENU