生前の霊園選び

生前の霊園選び

安心を基本に、
理想のお墓を共に創ることが
千葉 霊園 杜の郷霊園の使命です

元気な間にお墓を建てて安心を手にされる方が増えています

子供に負担をかけたくないから。自分たちが納得できるお墓にしたい。

自分がこの世を去った後、どんなところで眠るのかを決めておきたい。などの理由から、生前にお墓を建立するケースが増えています。

また、そのことで、御遺骨がどのように埋葬・管理・供養されて行くのかを知り、安心できることも魅力のひとつになっています。


生前建墓「寿陵」のこと。他の方のこと。丁寧にご紹介します

存命の間にお墓を建てることは、古くから縁起の良いこととされ、「寿陵」と呼ばれ慶ばれてきました。

現在も4割以上の方が元気なうちにお墓を建てられています。

生前にお墓を建てられるのは、年齢層では60代の方がもっとも多く、女性が積極的に探していることが多いようです。

杜の郷霊園では、『お墓ディレクター検定』有資格者をはじめ、経験豊かなスタッフが常駐し、生前建墓のご相談を承っています。


千葉 霊園 杜の郷霊園

お墓まつわるコラム

お墓の引越・改葬

「お墓が遠方のため、お参りの足が遠のいてしまう」、「往復の交通費の負担が大きい」、「子どもが小さく、遠方への移動が厳しい」などの、お墓へのアクセスの理由や、「遠いと十分なお墓の掃除ができない」、「複数のお墓をひとつにまとめたい」、「お墓参りなどで、子供たちの負担にならないように近くにしたい」などの理由から、お墓を近くに引越される方が増えています。

お墓の引越(改葬)を行うには、市区町村長に改葬申請を行い、許可を得るなどの公的な手続きも必要になります

お墓の引越・改葬の流れ

改葬手続きの・流れは、一般的に以下のようになります。

  1. 新しいお墓を建てます。
  2. 新しい霊園・お寺で、墓地利用許可書を受け取る。
  3. 受入証明書を発行してもらう(東京○○霊園管理事務所より)。
  4. 旧墓地のある市町村役場に行くか電話して、改葬許可申請書をもらいます。
  5. 旧墓地の管理者(お寺の墓地であればお寺の住職、公営霊園であれば市役所もしくは墓地の管理人、民間霊園であれば管理事務所に、書類に記名捺印してもらいます。
  6. 旧墓地のある市町村役場に行って、改葬許可証を発行してもらいます。(これで改葬許可書が完成です)
  7. 改葬許可書をもって、新しい霊園・お寺に赴き、納骨の日時の相談をする。
  8. 新しい霊園・お寺で供養・入魂式を行い、改葬の終了です。
お墓にまつわるコラム 目次

MENU