ご案内中の墓地区画

墓石の種類

お墓に使用される墓石の一例です。
霊園では実際の石を見て触って
お選びいただけます

墓石の種類


墓石に使う石材は、大まかな分類として「花崗岩」「閃緑岩」「斑レイ岩」「安山岩」の4種が挙げられ、産地や成分などにより300以上の種類があります。

杜の郷霊園では、これらの石をはじめ、様々な種類の墓石材をご用意しています。


稲桜石


真光石


鳳凰石


栄州石


盛運石


バルチックキング石


インド銀河石


陽光石


新桃山石


インパルレッド石


マルチカラーレッド石


インド赤石


オーロラ石


バハマブルー石


クリスタルブラウン石


ノースブルー石


伊吹石


プレシャスグリーン石


インドグリーン石


星流石


ウルグアイブラック石


コンチネンタルブラック石


インド浮金石


玉泉石


クンナム石


ファイングレイン石

千葉 霊園 杜の郷霊園

お墓まつわるコラム

年忌法要とは - 霊園でのあれこれ

亡くなった日を命日と呼び、1周忌以降の、故人の亡くなった月日と同じ月日を「祥月命日(しょうつきめいにち)」と呼びます。また、「年忌」「回忌」「年回」ともいいます。

故人が亡くなった翌年の同じ月日のことを祥月命日といい、1周忌法要を行います。この法要では、僧侶にお経を上げてもらい、親戚や故人と関係のあった人たちを招いて行います。

1周忌法要の翌年の満2年目に三回忌法要を行います。そのあとは7年目に七回忌法要、13年目に十三回忌法要、17年目に十七回忌法要、23年目に二十三回忌法要、33年目に三十三回忌法要、50年目に五十回忌法要を行います。

その後は50年ごとに法要を行いますが、一般的には三十三回忌法要で切り上げることが多く、ご先祖様の法要として営まれることが多いようです。

お彼岸とお盆 - お墓に関する日本の風習

お彼岸とお盆は、お墓参りに訪れる代表的な時期で、霊園・お寺に訪れる方々が増える期間です。

お彼岸とは

仏教では悟りの世界を「彼岸」といい、その反対側の煩悩に満ちた世界を「此岸(しがん)」といいます

彼岸は西、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む時期は彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。そのため、お彼岸には春彼岸と秋彼岸があります。

それぞれ、春分の日と秋分の日を中日として、その前後の3日を合わせた7日間をいいます。

お盆とは

正式には「盂蘭盆会」といいます。先祖の霊があの世から帰ってきて家族と過ごし、また帰って行くといわれています。

お盆には、家族・親戚・知人が集まってご先祖様の霊を迎えます。また、提灯に火をともしてお墓にお参りをし、灯明をつけて夕方に家族でご先祖を家に向か入れる風習があります。

お墓にまつわるコラム 目次

MENU