複数のお墓を一つに

複数のお墓を一つに

杜の郷霊園なら、信頼の
「お墓ディレクター認定資格」を持つ
専門スタッフが、
さまざまな解決方法をご提案いたします

例えば、夫婦両家のお墓をひとつにまとめたい

夫婦両家のお墓をまとめてひとつのお墓にしたい(両家墓)。遠方にある先祖代々のお墓を、近くに建てる自分たちのお墓とひとつにしたい。など、お墓の維持が負担にならないようなかたちで複数のお墓をまとめたいというご希望が増えています。


御供養に関することは何でもお気軽に、千葉 霊園 杜の郷霊園スタッフにご相談下さい

近年はとりわけご夫婦両家の「家」同士のお墓を一緒に建てる 「両家墓」が注目を集めています。

お墓二つ分の敷地に二つのお墓を並べて建てたり、ひとつのお墓に両家の名を刻んだり、などのタイプも増えています。

当霊園では、『お墓ディレクター検定』有資格者をはじめ、経験豊かなスタッフが常駐し、御供養に関することは何でもご相談を承っています。 ぜひお気軽にご相談下さい。


千葉 霊園 杜の郷霊園

お墓まつわるコラム

埋葬のかたち - 共同墓

継承者を必要としない墓の一つとして、地縁・血縁を超えた人々と共に入る「共同墓」があります。

東京・もやいの会の「もやいの碑」などが代表例と言えるでしょう。

"もやい"には、船と船をつなぎ合わせる、寄り合って共同でことに当たるという意味があります。人々が、性、門地、財産、職業、人種、民族を越えて、有縁になろうという活動をされていて、月例会の開催、ニューズレターの発行やサークル活動等を通じた交流により、仲間意識や共同体意識が育まれています。

このほか、新潟・妙光寺の「安穏廟」、京都・常寂光寺・女の碑の会の納骨堂「志縁廟」、東京・東長寺・縁の会の「水の苑」などもあり、いずれも、生前から「死後の住みかを共にする仲間」作りを進め、家族に代わって墓を守り供養していく会員制の組織です。

共同墓の場合、男性よりも女性の入会者が多いことが一般的です。

埋葬のかたち - 散骨・自然葬

散骨とは、細かく砕いた遺骨を海や山に撒く葬法で、自然葬とも呼ばれます。

鄧小平、マリア・カラス、ジャック・マイヨールなどが、散骨された人物として知られています。

日本では、1991年に「葬送の自由をすすめる会」が、神奈川県三浦半島沖の相模灘において散骨を行ったことから、散骨が社会的に関心を集めることになりました。

従来は「遺骨を撒くことはいけないこと」という社会通念がありましたが、徐々に散骨の認知度は高まり、葬送の選択肢の一つとしてとらえられるようになってきています。

現在はインターネットで検索すれば簡単に散骨業者を見つけることができ、海外への散骨ツアーも実施されています。

2008年には、島根県・隠岐諸島にある無人島が散骨所として整備され話題になりました。

また、現在の墓地埋葬法は、散骨が行われることを想定していないことから、散骨を明示的に禁止してはいません。散骨が刑法の「遺骨遺棄罪」に該当するか否かについても、法務省が非公式ながら、散骨が節度をもって行われる限り違法性はないという主旨の見解を示しています。

お墓にまつわるコラム 目次

MENU